競馬で勝つためのヒントのカテゴリ記事一覧

468_60.png

中央競馬無料予想 軸馬専科

独自指数で導き出される「当たる」競馬予想。的中率重視の軸馬を無料にて提供します。

アンケートにご協力ください

いつも【中央競馬無料予想 軸馬専科】をご愛読、ご支援いただきまして誠にありがとうございます。
この度、新指数を採用するにあたり、全レースの指数公開を検討していますが、よろしければ下記リンク(Googleフォーム)からアンケートにお答え頂ければと思いますので、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。
軸馬専科管理人 ターヒィー
アンケートに答える

メインコンテンツ


人気記事一覧

カテゴリ:競馬で勝つためのヒント

おすすめレース(β版)と自信の一鞍を組み合わせると回収率331.7%!!

こんばんは、軸馬専科管理人のターヒィーです(´・ω・`)

早いものでおすすめレース(β版)を公開するようになってから5ヶ月、自信の一鞍は3か月が経過しましたが、なかなかの結果を残しているようなので、ここまでの結果をまとめてみました。

まずおすすめレース(β版)です。


・予想レース数 76
・的中数 30
・的中率 39.5%

・購入点数 157点
・払い戻し 15500円
・回収率 98.7%



公開当初は無駄な買い目が多く、結果的にそれが仇となってトータル回収率を下げていますが、単純にベタ買いするだけでこの数字ならば、レースを厳選していけば楽に回収率100%を超えてくるものと思われます。

ちなみに、8月から公開するようになった【自信の一鞍】指定レースがおすすめレースだった場合の的中率は下記の通りとなりました。(詳細は伏せさせていただきます)


・的中率 66.7%
・回収率 331.7%



何れにしても、購入レース数の絶対的な分母が少なく、たかだか5か月程度の結果なので「偶然」の領域は脱せませんが、的中率、回収率ともに優秀なものと言えるでしょう。

hanko_taihenyokudekimashita.png

また、余談ではありますが、公開を見合わせている特注馬と自信の一鞍の組み合わせですと的中率100%、単勝回収率250%、複勝回収率175%となりました。これも優秀ですね(´・ω・`)

ちなみに、管理人も実際におすすめレース(β版)は購入しています。

もちろん、当日の馬の気配やオッズ等によっては見送る場合もありますが、レースに「ある条件」を加えて限定購入すると、的中率55.2%、回収率123.4%とこれまた優秀な数字が出ました。

さて、単にベタ買いしただけでは100%を超えないのは、公開中の軸馬も同様ですが、もともとこの軸馬は連系馬券の軸馬と設定しているものなので、単複買いには正直向いているとは言えません。

管理人個人としては、この軸馬を色々とアレンジすることで高回収率を狙って欲しいという願いがあったりするのですが、実際、この軸馬をフル活用されているブログ読者さんの中には、非常に安定した成績を残している方が多数おられますし、そうすれば少しでも「競馬で勝つために必要なこと」を理解してもらえるんじゃないかなと、一人勝手に解釈してたりします(笑)

最近、ブログがちょっとマンネリ化してきたように感じたので、自分に喝を入れるという意味でこんな数字を出してみましたが、これからも【中央競馬無料予想 軸馬専科】は日々パワーアップを図りたいと考えていますので、これからも末長くお付き合いいただければと思います。

正しい競馬予想とその回収率の実態

競馬予想には実に様々なものがあります。能力値、血統理論、スピード指数、果てはオッズの歪みを狙い撃つ期待値馬券etc...。それではどの予想が正しいのかというと、これは「みんな正解」と言わざるをえません。(ただしサイン馬券は除く)

ただ、「勝ち続ける競馬」にとっての正解とは回収率のみであり、たとえ予想が正論であったとしても、肝心の回収率が100%を下回るようならば、その予想は全て「間違った予想」となってしまいます。


087417.png


厳しい話ですが、競馬の世界においてはこれが現実。その中でどう正解を導くのか、これが多くの競馬ファンの目指す最終関門だと思いますので、今回は「正しい競馬予想」についてお話ししてみたいと思います。


競馬で負ける人達の特徴


競馬で負ける人には幾つかの共通点があります。主だったところを挙げてみますと


  • 他人の話に耳を傾けない
  • 間違った「こだわり」を捨てられない
  • 目先の数字に騙されやすい
  • 自分のミスを認めない(すぐ責任転換する)


こんなところでしょうか。

中でも多いのは「目先の数字に騙されやすい」人です。

例えばたまたま高配当が当たり、一時的にプラスになった時点で「勝った」と思う人は競馬で勝つことは一生ありません。冒頭でもお話ししたように、競馬予想の正解は回収率であり、トータルで100%を下回っていればいくら万馬券を当てようがすべて「負け組」なんです(´・ω・`)

それでも

「万馬券を獲ったから俺は勝っている!!」

と強弁するならば、完全にギャンブル依存症に陥っていますので、どうぞお早めに専門の医療機関で受診されてください。


0e69c42f72ea49067110e8a81f390eb0_s.jpg


ギャンブル依存症の話はさておき、競馬で負ける人というのは、なんというか「変なこだわり」を持っちゃっているんですよね。頑なまでに自分の予想が正しいと意地を張る人とか、その典型でしょう。

それで正解を出しているのなら話はまた別ですが、99%の人は結果を出していないように見て取れます。そのように意地を張るということは、裏を返せば「負けから現実逃避している」わけですから。

で、そんな精神状態になると、あとは負のループを繰り返し続け、負債をどんどんと増やしていくのは明白。あとは嘘を嘘で塗り固め、少しも身動きが取れないまま奈落の底に突き落とされるでしょう。競馬に潜む「マモノ」に足元をすくわれて・・・。

こんなように、もし自分に思い当たる節があるのならば、そこは潔く自分の非を認め、心を無垢な状態にしてから競馬予想に取り組んでください。


柔軟な「頭」と確固たる「芯」を持つ


競馬で勝つためには、まずは柔軟な頭を作りたいところ。自分の予想法で正解が出ないのであればなおさらの事。いつまでも間違った予想法にこだわっていては、未来永劫負け組のままだからです。

そして次に、自分の中にしっかりとした一本の「芯」を持つようにしましょう。

ただ一点誤解して欲しくないのは、ここで言う「芯」とは予想法ではありません。「どんな予想をすれば勝てるのか・・・」と悩むのではなく、競馬で勝つための仕組みをしっかりと理解することです。


25acb64d0ae9d6439035793265bfe162_s.jpg


例えば、悪徳競馬予想サイトが謳う煽り文句を思い浮かべてみてください。「土日で500万円の獲得に成功!!」など、色々とあるとは思いますが、そんな甘い「偽りの誘惑」に惑わされない、しっかりとした心=芯ことが大切になります。

上の例で言うならば、500万の獲得に成功したと書いてあるだけで、実際にどのレースでどんな買い目によって的中させたのか、根拠が何一つ記されていません。

悪徳な競馬予想会社にご用心

そもそも500万の獲得に成功したとなれば、そこの会員だけで相当な利益が出ているはずですし、オッズもかなりの歪みが生じるはずなんですが、そんなレースは今の今ままで一度も見たことがありません。

要するに、高額配当が出たら後出しで「的中!!」と騒いでるだけなんですよね、その手の予想サイトって(´・ω・`)

そんなありえもしないインチキな話にホイホイと飛びついてしまうようなメンタルでは、競馬という巨大な壁に立ち向かうことはできないということを、しっかりと肝に銘じておきましょう。


勝ち組と呼ばれる人の回収率


さて、ここで正真正銘、実際に競馬で大きな利益を得た人達の回収率を見てみましょう。数字はいずれも裁判で明らかになったものです。

2005年〜2009年で約1億5000万円の利益を得た大阪の会社員 約105%
外れ馬券、行政訴訟も終結 大阪高裁判決、男性側の事実上勝訴(産経WEST)

2005年〜2010年で約5億7000万円の利益を得た北海道の公務員 約108%
北海道の天才公務員が“78億円”の払い戻しを受けた馬券購入法(Asagei plus)


競馬で言う「勝ち組」の回収率はこのぐらいが相場で、多い人でも130%強が限界値だと言われています。もちろん数ヶ月やそこらの一時的な数字ではなく、年単位での数字です。

ところでこの数字を見てどんな印象を持ちましたか? 

きっと、大多数の人が「低い」「それだけ?」と感じたと思いますが、その時点で競馬に対する価値観が「負け組」になってしまっていることに、一日も早く気付いてください。

ここで下記の表をご覧になってください。


購入月購入金額回収率払戻金
1月10,000円110%11,000円
2月11,000円110%12,100円
3月12,100円110%13,310円
4月13,300円110%14,640円
5月14,600円110%161,00円
6月16,100円110%17,710円


この表は、資金10,000円、回収率を110%と設定し、一ヶ月の払戻金を翌月に上乗せして半年間馬券を購入した結果です。

このように回収率が110%でも、わずか半年の間で7,710円もの利益を得た計算になります。

今の時代、これだけ良い利回りの金融商品なんか絶対に存在しませんし(あったとしても詐欺です・笑)、ならば競馬に投資する人たちの気持ちはよくわかりますよね?

これが「正しい競馬予想」の適正値、そして回収率であり、この数字をコンスタントかつ長期的に叩き出している人こそが「真の勝ち組」なんです。


「勝ち」に対する意識を改革する


競馬で勝つには、根本的な部分から競馬に対する意識を変えていかなければなりません。やれいくら勝っただの何倍ついただの、周りの雑音は一切気にせず、常に自分自身の回収率と向き合うことが大切です。


e0ca661fb201a6cbe33f65965e22c03a_s.jpg


さらに「勝ち組」となった先人達は、具体的にどのようにして利益を得たのかをしっかりと学ぶことも大切。その手法は異なれど、競馬に対する心構えは皆同じだということに気づくと思います。

どうして競馬で勝てないのか、それは単純に自分の予想力が足りないからであり、馬や騎手のせいでもなんでもありません。

そして回収率を高めるにはどうすれば良いのか、この部分にこそ「こだわり」を持つべきであり、しっかりとした芯を持ちつつ、どの予想が正解なのかを冷静かつ客観的に見極めることができれば、自然と良い結果を得られるでしょう。

軸馬専科の軸馬を使って回収率100%超えを達成した方法

こんばんは、軸馬専科管理人のターヒィーです(´・ω・`)

さて、以前も少しお話ししましたが、当ブログの軸馬を使った回収率100%超えの馬券術について、ブログ読者さんの許可がおりましたので公開してみたいと思います。

ただし、今回紹介する手順は完全なものではありません。回収率をさらにアップさせるには別な手順を加える必要があるのですが、そこまで公開すると読者さんの回収率に多少なりとも悪影響を及ぼしてしまう可能性があるので、今回は「簡略版」としてご紹介したいと思います。

まず、2017年度上半期の結果はこんな感じです。


2017年前期ワイド馬券収支.png


簡略版でも回収率は優に100%を超えてますね。(買い目一点100円計算)

この手順は実に単純明快なものでして、軸馬から競馬予想ツールKLANでピックアップされる「穴馬」へ流すだけのもの。ちなみに券種はワイド馬券で、おおよそ1〜3点買いが基本となります。

たったこれだけのことで回収率が100%を超えるなんて、良い意味でちょっと拍子抜けしました(笑)

無論、この手順を教えてくれた読者さんは、画像の数字以上の回収率を叩き出しているのですが、純粋に凄いことだと思ったのと同時に、軸馬を上手に利用していただいてることを大変ありがたく思いました。

ただ、KLANの穴馬を使うには月額料金が発生するKLANプレミアムを利用する必要がありますが、穴馬だけでなく能力偏差値、KLAN式スピード指数といった、競馬予想に直接役立つ情報が入手できますし、料金も月額1280円と良心的な価格になっていますので、競馬新聞代わりに使ってみるだけでも価値はあるでしょう。
(※KLANは2017年12月でサービス休止)

ということで、今回この方法を教えていただいた読者さんには、この場を借りて深くお礼申し上げたいと思います。

それではまた。

ワイド馬券攻略のポイントは「買い目数」にあった!?

こんばんは、軸馬専科管理人のターヒィーです(´・ω・`)

さて、先月より本日のおすすめレース(β版)を公開するようになり、毎週のように試行錯誤を繰り返していますが、改めて先々週と先週の結果を踏まえ、ワイド馬券で勝つためには何が必要なのかということを考えたいと思います。

まず、先々週(7/8〜9)の結果を見てみましょう。

8-9結果.png

回収率が70.6%と散々な結果になってしまいました。

そして先週(7/15〜16)はと言いますと、

15-16.png

ベースとなる予想法はほぼ同じにもかかわらず、先週は100%を上回る結果になりました。

もちろん、両方ともおすすめレースを含んでの予想なのですが、なぜここまで回収率が変わったのか、ここに注目してください。


7/8〜9
・購入金額 8200円=買い目数82点
・購入レース 36R(的中11R)
・1Rあたりの買い目 約2.8点

7/15〜16
・購入金額 5900円=買い目数59点
・購入レース 32R(的中12R)
・1Rあたりの買い目 約1.8点



このように、購入レースはそれほど変わらないのですが、1レース当たりの買い目に大きな差が見られることがお分かりいただけるでしょうか。

もちろん、的中率や配当云々の部分も関係はしていますが、この二つを比較した場合、回収率に大きな影響を与えていたのは「買い目数」だったということが言えるはずです。

よく「保険で買っておこう」「押さえで買い目を追加した」という話を耳にしますが、やたら無闇に買い目を増やすことはマイナスなのでしょう。

これはどの券種に対しても言えますが、「無駄な買い目」は回収率に大きな影響を与えます。こと、高配当が見込めないワイド馬券に関してはそれが顕著に現れるのですが、このケースをしっかりと考察、分析し、「買い目数」を絞ることの重要さを再認識すると、納得のいく結果が得られるように思います。

まだまだ始まったばかりの試みですが、今週も引き続きワイド馬券の予想は公開しますので、今後とも軸馬専科を応援のほどよろしくお願いします。

【競馬予想】軸馬を使ったワイド馬券術

こんばんは、軸馬専科管理人のターヒィーです(´・ω・`)

先日、とあるブログの読者さんからこんなメールをいただきました。

「軸馬と●●を組み合わせたワイド馬券を買うだけで簡単に回収率が100%超えますよ」

ちなみに先週いただいたメールなのですが、早速検証してみたところ確かに100%を超えてます。(2017年上半期)

とにかく論より証拠、集計結果は以下の通りです。

スクリーンショット 2017-06-26 10.54.10.png


ちなみに一点100円にて計算し、対象は228レースでこんな数字になりました。109.4%という数字は、極めて優秀な数字と言えるのではないでしょうか。

で、その内容を記事にしても良いかと尋ねたところ、「まだ試行回数が少ないのもありますが、あまり知られたくないので・・・」という返事をいただいたので、具体的な予想方法はお伝えできませんが、それほど難しい予想は一切しておらず、ブログ内の記事を参考にした結果だそうです。

ただ、的中率が18.9%と低いのがネックといえばネック。これぐらいの数字ですと、10連敗ぐらいするケースは頻繁に出現しますので、結構な忍耐力も求められると思います。ご本人もそれは危惧してました(笑)

ところでこれを参考にしているわけではありませんが、6月より「本日のおすすめレース(β版)」を公開するようになりました。

まだやり始めですが、今のところの結果はこんな感じです。

【6/10(土)】
〈阪神01R 3歳未勝利〉
・推奨度B
◎ 01 ボリード
△ 08 サイレントアスカ
△ 15 クリノゼノビア
ワイド 01-08 01-15
ハズレ

【6/11(日)】
〈東京12R 3歳上500万下〉
・推奨度B
◎ 04 ブレスアロット
△ 16 プレゼンス
△ 01 エディクト
複勝 04
ワイド 04-16 01-04
ハズレ

【6/17(土)】
〈東京07R 3歳上500万下〉
・推奨度B
◎ 05 ラテールプロミーズ
△ 01 ハッスルバッスル
ワイド 01-05 
ハズレ

【6/18(日)】
〈函館09R 3歳上500万下〉
・推奨度B
◎ 06 エフティスパークル
△ 12 トータルソッカー
△ 09 コスモアルヘナ
ワイド 06-12 06-09
ハズレ

【6/24(土)】
〈東京04R 3歳未勝利〉
・推奨度C
◎ 12 ルーラーキング
△ 08 ベストダンス
△ 13 フレスコパスト
△ 16 アーネストホープ
ワイド 08流し 08-12 12-13 12-16 
ワイド 12-13 2130円的中

〈阪神03R 3歳未勝利〉
・推奨度B
◎ 09 メイショウヴォルガ(推奨馬)
△ 03 タカノイダテン
△ 13 クリノキング
ワイド ボックス 03,09,13
ワイド03-09 700円的中

〈函館12R 長万部特別〉
・推奨度C
◎ 01 コロラトゥーレ
△ 07 クリノスイートピー
△ 08 ビリーヴザワン
ワイド 01流し 01-07 01-08
ハズレ

【6/25(日)】
〈東京03R 3歳未勝利〉
・推奨度B
◎ 03 ファイヤーワークス(軸馬)
△ 04 ニシノキッカセキ
△ 06 サトノグリーン
ワイド 03流し 03-04 03-06 
ワイド 03-04 620円 03-06 220円的中

〈阪神04R 3歳未勝利〉
・推奨度C
◎ 01 ヤマニンペダラーダ(軸馬)
△ 05 コンゴウトシオー
△ 11 ヒミノブリランテ
△ 17 チトニア
ワイド 01流し 01-05 01-11 01-17
ハズレ


初めの2週はいろいろな縛りをつけてしまったので案外な結果になりましたが、同じように1点100円、ワイド馬券だけに限定して計算しますと、

購入レース数 9R
的中レース数 3R
的中率  33.3%
購入金額 2000円
払戻金額 3670円
回収率  183.5%


と、まずは順調な滑り出しを見せました。

また、そのおすすめレースを含め、管理人なりに買い目をアレンジして試験的にワイド馬券を購入したのですが、6/24〜25はこのような結果になりました。

スクリーンショット 2017-06-27 10.24.22.png


なるほど、確かに似たような数字になりましたね。こうも簡単にプラス収支になるのかと、いい意味で拍子抜けしてしまった感じです(笑)

「どうしてワイド馬券なのか」という話はまた後日したいと思いますが、コンスタントにこれぐらいの数字が叩き出せるとなればとても驚異的です。なんたって手順が極めて単純なのですから、確かに「具体的な買い方は記事にしないでほしい」という意見もごもっともだと思います。

ということで、当ブログの軸馬を使った競馬予想に、新たな一石を投じてくれた読者さんにはこの場を借りて感謝するとともに、引き続きこのワイド馬券術は検証してみたいと考えています。

それではまた。

馬券の種類と控除率

控除率・・・競馬ファンなら一度は耳にする言葉


競馬ファンなら誰もが一度は耳にする馬券の「控除率」。恐らく、この名前は知っていてもどんなものなのかを考えて馬券を購入してている人って案外と多いんじゃないでしょうか。

しかし、競馬で勝つためにはJRAが設定している控除率をきちんと理解し、その上で競馬予想なり馬券戦略を組み立てないと、競馬で勝つことはまず不可能です。

そこで今回はこの控除率についてお話をしてみたいと思います。


控除率はJRAに支払う「テラ銭」


控除率というのは、JRAが馬券の売り上げから天引きする「テラ銭」です。

ちなみにテラ銭とは

賭博が行われる場合に、それが行われる場所を提供する者に対して支払われる金銭のこと。
引用元:Wikipedia

というもので、中央競馬の場合はJRAに対して支払われるお金のことを言います。

それじゃいつこのテラ銭をJRAに支払っているのかと言いますと、馬券を購入した時点に支払っています。

そこでJRAの控除率というのをまとめてみました。


馬券の種類単勝複勝
控除率20.0%20.0%

馬券の種類枠連馬連馬単ワイド
控除率22.5%22.5%25.0%22.5%

馬券の種類3連複3連単WIN5
控除率25.0%27.5%30.0%
(2017年6月現在)


これを見ると馬連の場合は22.5%、3連単は27.5%、WIN5に至っては30%ものテラ銭をJRAに支払っていることになりますが、もっとわかりやすく言うと、

「馬連を1000円分買った時点で225円をJRAに支払っている」

ということ。つまり1000円分の馬券は775円の価値しかないんですね、馬券購入時点では。これって結構な数字だと思いませんか? サラ金の利息を考えればよくわかると思います。

そして、控除率を引いた分を馬券的中者に払い戻すわけなんですけど、馬券を買った時点で問答無用に搾取されているわけですから、これじゃなかなか競馬で勝つことはできません。プラスマイナスゼロからスタートするのではなく、マイナスからスタートしているのですから。


ギャンブルは胴元が必ず儲かる仕組みになっている


競馬に限った話ではありませんが、ギャンブルは胴元が必ず儲かる仕組みになっています。なぜならばテラ銭を支払わないとギャンブルに参加できないからです。


「それじゃ競馬で勝つのって絶対に無理じゃん・・・」


ここでそうピンと感じた人はとても賢い人です。このテラ銭があるからこそJRAは成り立っていけるわけですし、JRA職員の平均年収(約819万円!!)を知ればなおさらそう思うでしょう。


1503029f6645c24e92e3b65563bb93ab_s.jpg


ただ、それでも競馬で勝っている人はいます。いわゆる「プロ」とでも呼ぶのでしょうか、馬券で生計を立てている猛者は少なからず存在しています。

競馬で確実に「勝ち続ける」ことを可能にした競馬予想 〜前編〜

そして、そのプロと呼ばれる人達はどのようにレースを予想し、どんな形で馬券を購入しているのか、ここを突き詰めていくととても興味深い共通点が見つかるんですけど、誰もが控除率の仕組みをきちんと理解した上で、独自の予想法を構築して勝ち続けているんです。

やや話は脱線してしまいましたが、競馬で勝つためには、まずはJRAが設定する控除率をきちんと理解しておく必要がありますので、今まで気にしていなかった人は、これを機にして各馬券と控除率の数字をしっかりと把握しておきましょう。

【競馬予想】指数が最も参考になるレースとは?

こんばんは、軸馬専科管理人のターヒィーです(´・ω・`)

先日お伝えした新しい指数ですが、もう少し検証したい部分が出てきてしまったので、これは次の機会にお話しします。

さて、軸馬専科では独自指数を使って軸馬を算出していますが、何も軸馬だけを探すだけのために指数を出しているわけではありません。使い方によっては穴馬や激走馬を見つけ出すことも可能です。

さらに言うと、指数通りに決まりやすいレースとそうでないレースが比較的はっきりしていますので、今日はその辺のお話を少しだけ説明したいと思います。


クラスが上がるほどシビアになる


これは薄々感づいている方も多いと思われますが、基本的に軸馬は条件戦(平場のレース)に出現しやすいといった特徴があります。

これがオープン以上、特に強い馬が集まる重賞になると馬券の目安となる指数50以上の馬が一気に増えますし、条件戦でも特別競争になると同様の現象が起こりますので、指数の出方はシビアなものになります。

ただ、これを逆手に取れば、「上記のレースで軸馬が出現すれば極めて高い確率で馬券なる」とも言えますので、積極的に狙ってみると面白いかもしれません。


どうしても指数が参考にならないレース


軸馬専科の指数算出方法はスピード指数をベースに過去、特に近走のレースに重点を置いて算出しています。

よって、出走回数の少ない馬が複数出走するレース、特に2、3歳戦の条件戦や重賞においては、指数を出す自分が「なんじゃこれ?」と首を傾げたくなるレースが頻発してしまいます。

もちろん指数通りに決まるレースもありますが、まるでそうならないレースも・・・そんな時は「参考程度に〜」と但し書きをしますので、指数を参考にする際は、このことを頭の片隅において予想されることを推奨します。


まるで参考にならない鬼門のレース


スピード指数をベースにしているのにもかかわらず、新潟の芝1000m戦(直線競馬)はどういうことか指数が参考になりません。その原因は多々あるとは思うのですが、この直線競馬は特殊なコース形態、そして単純なスピードだけでは通用しないといった特徴があるからです。

04101000l.png

「短距離戦なのにどうして?」と思われるかもしれませんが、直線競馬で重要なファクターとなるのは「ダッシュ力」「枠順」、そして意外なことかもしれませんが「ダート馬」「馬体重」といった、スピード指数とはおおよそ関係のないファクターが鍵となるので、指数が参考にならないんですね(´・ω・`)

新潟開催は終わってしまいましたが、もう少しすればすぐに夏競馬が始まりますので、このことも念頭に入れておいてください。


どんなレースが狙い目になるのか?


ここまではざっと「指数がアテにならないレース」について説明しましたが、最後にどんなレースが狙い目になるのか、これを簡単お話ししたいと思います。

・・・と、これは肝心要の部分なので、すべてをお話しすることはできませんが、一口で言うならば

「能力差が出やすいコースで行われるレース」

が一番の狙い目です。もちろん、指数という裏付けが出ないレースは除きますが、それらのレースは、平均すると週に2〜4レースぐらいは狙い目となるレースが出現している感じです。

また、軸馬が出現したからといって「狙い目」になるとも限らず、ここの判断がまた難し勝ったりするのですが、軸馬の配当が想定以上のものならば、あれこれと迷わず複勝1点だけで勝負すると良い結果を残せると思いますので、もしそんな軸馬が出現したら要チェックしてください。

というわけで、参考になるかどうかはわかりませんが、今後とも軸馬専科を応援のほど宜しくお願いします。


軸馬専科の「軸馬的中率」をさらにアップさせる方法

こんばんは、軸馬専科管理人のターヒィーです(´・ω・`)

さて、当ブログ【中央競馬無料予想 軸馬専科】では、レース当日の朝に馬券になるであろう指数の高い馬を軸馬として提供していますが、この軸馬は機械的に算出された馬であるため、予想精度にはある種の限界が生じています。なんと言いますか、公開時間の都合上、馬の状態や気配等は数値化していないからです。

それでも7割強は確実に馬券になっているのですが、この的中率をさらにアップさせる方法があるとのメールを多数いただきましたので、簡単にその内容をお話ししてみたいと思います。

一番手っ取り早いのは、似たような指数サイトの指数と併用することでしょうか。ブログでも何回かお話ししたかと思いますが、『うまコラボ』の指数はかなり精度の高いものとなっています。


的中に特化した最新鋭競馬データ『うまコラボ


うまコラボの「コラボ指数」は当ブログの指数とは逆に、指数の低い馬ほど馬券内になりやすく設定していますので、慣れないうちはちょっと見づらいこともあるかもしれませんが、この「コラボ指数」を活用することで、的中率が実に2割近くアップするという話を多数聞いてます。それってもう「鉄板」に近いんじゃないかとw

実に羨ましい話ですが、こういう方は本当に馬券上手なんでしょう、コンスタントに毎週買っているようです。


また、この「コラボ指数」とはまた違ったアプローチの仕方もあります。


充実したコンテンツが無料で読み放題『ターフビジョン


この『ターフビジョン』は指数系サイトではありませんが、毎週金曜日に無料公開(今日ですね)される「グリグリくん」と銘打たれた鉄板馬情報が多くの競馬ファンの予想に役立っています。

それで、この「グリグリくん」でピックアップされた馬と当ブログの・・・っと、もうお分かりですね。あまりベラベラ喋ると、せっかくお教えいただいた方から怒られてしまいますので、これ以上は控えさせていただきますw

というわけで、ちょっとした小ネタをいくつか紹介してみましたが、まだ他にも当ブログの軸馬を活用する方法はたくさんありますので、また順を追って紹介してみたいと思います。

指数を使った競馬予想のメリット、デメリット

競馬で勝っている人は地道な作業を繰り返している


競馬は予想することが最大の楽しみですが、やっぱり予想が的中することに越したことはありません。で、競馬は予想を的中させるまでの行程が実に大変だったりします。

例えば、具体的に競馬で勝ってる人というのは、

・血統
・ローテーション
・相手関係
・調教
・コース適正
・馬場状態
・パドック
・返し馬
・etc...


といった具合に、実に地味で緻密な作業の繰り返して的中精度を上げるよう、来る日も来る日もひたすらに努力をしてます。

例えば、馬券裁判で一躍時の人となった2ちゃんねる競馬板のコテ・卍氏は、馬王という予想ソフトをベースに、それこそ天候やら気温に至るまで、馬券とはおおよそ関係なさそうなファクターをも予想システムに取り入れていたのは有名な話です。


1億5000万円稼いだ馬券裁判男が明かす 競馬の勝ち方 (競馬王馬券攻略本シリーズ)


つまりこれは、膨大な時間と労力をかけなければ競馬では稼げないと言う証拠。それもそのはず、FXや株、そしてパチンコやパチスロで勝つためには人一倍の努力が必要なんです。



予想作業を時短化する指数予想


ただ、一般的な競馬ファンはそれだけの作業をする時間はありません。当然ですよね、普通に働いていれば予想に割り当てられる時間には限りがありますから。

そこでその作業を簡略化できないものかと考えられ、考察されたのが指数予想です。当ブログでも独自の指数を算出していますが、この予想方法の一番のメリットは「予想が時短化」できるという一言に尽きるんじゃないでしょうか。

さらに言えば、指数予想というものは常に客観的にデータをはじき出しますので、予想に対するブレがほとんどなく、一目見ただけで「どの馬が馬券になりそうなのか」とわかるのも大きなメリットでして、最近はこの指数予想に対する注目が集まりつつあるようです。



指数をオープンに公開している主な競馬予想サイト


一口に指数と言っても、その在り方は十人十色です。独自で算出している人もいれば、メインコンテンツとして売りにしている新聞もあるぐらいですし、本当に色々な指数が存在します。

そこで、比較的オープンにされている主だった指数を幾つかピックアップしてみたいと思います。


日刊コンピ指数

日刊スポーツが提供する、恐らく競馬予想で一番馴染みのあるのがこの指数なのではないでしょうか。この指数を使った予想サイトやブログは実に多く存在していますし、その信頼度についてはいまさら説明する必要はないでしょう。

この日刊コンピ指数はスポーツ新聞で入手可能ですが、日刊スポーツの公式競馬サイト「極ウマ・プレミアム」でも入手可能です。

こちらはレース前日19時に公開されますので、より競馬予想に時間を割くことができる点が魅力。また、新聞を買うよりも安上がりな価格設定になっているのはかなり良心的だと思います。もちろん、コンピ指数以外のコンテンツも充実してます。

人気のコンピ指数がレース前夜に読める!《日刊スポーツ公式》極ウマ・プレミアム


KLANプレミアム

KLANプレミアムは、競走馬の能力を偏差値化するとともに、KLAN式スピード指数を提供してくれる競馬予想支援ツールです。

この二つの指数を組み合わせれば瞬時に競走馬の力を比較できるので、予想する作業が非常に手短になるのが特徴。また、KLANプレミアムでは指数以外にも「穴馬ピックアップ」という機能があり、これらを活用すれば簡単に回収率アップが狙える予想ツールとなっています。

もちろん競馬予想に必要な各種データはすべて揃っていますので、色々とデータを調べたい時にも重宝すると思います。

→使える予想データ満載!! 出走馬を6頭に絞る【KLANプレミアム】
※2017年12月でKLANはサービスを終了しました。


どの指数を使えば良いのか?


その他にも様々な指数系サイトは存在しますが、そこの指数が使えるか使えないか、こればかりは各々の判断に委ねられるかと思います。正直、使ってみてナンボな部分はあります。

ところで上記で挙げた各サイトに共通して言えるのは、どこも価格設定が非常にリーズナブルだという点。月々の価格は極ウマプレミアムは800円、KLANプレミアムは1280円と、競馬専門紙を買うよりも低い価格設定になっている点に注目してください。


8e6aafafe69b4723f85c35a76a8062c4_s.jpg


いわゆる予想会社というのは情報料がやたらに高いところが多く、下手をすれば1日で10万円単位もの情報料が必要になるところもあるとかなんとか。

それで予想が当たるのならばまだしも、ことごとくハズレてしまっては話になりません。だから「悪徳」だの「詐欺」だの言われるんでしょうけどね(´・ω・`)

そんな中、仮に上で挙げた3つのサイトの指数がまるで使えなかったとしても、価格を考えれば「仕方ない」と割り切ることができますよね。これもメリットになるんじゃないでしょうか。



指数予想のデメリット


このように指数予想にはたくさんのメリットはありますが、当然デメリットもあります。それは「最終的な予想、判断は自分の頭で行わなければならない」という点です。

管理人もまた各種指数を使った予想をしていますが、すべてを鵜呑みにして馬券を購入しているわけではありません。

いくら能力が高い馬がいたとしても、その馬の調子を指数化するのは極めて難しいことですし、レース展開は予想する人間のさじ加減で判断するほかありません。また、レース中にどんな不利があるかまでは予測不能だからです。

それらを全部含めての「競馬予想」なわけで、ここら辺が指数予想の限界なのかな、とは感じています。結局、最後にモノを言うのは各々の「馬券センス」なのかもしれません。


3f4286fa4222763bdc33aa72d486ad0e_s.jpg


以上、指数予想のメリットとデメリットについてお話ししましたが、これをどう捉えるかもまた各々の判断次第になるとは思いますので、あとは実際に自分の目で確かめてみることをおすすめします。

極ウマプレミアム
→KLANプレミアム
(1日1レースを公開するKLANの無料プランはこちら
※2017年12月でKLANはサービスを終了しました。


安心して使える競馬情報サイト特集

星の数ほど存在する競馬予想会社の99%はインチキとお話ししましたが、それではどんな所から競馬の情報を仕入れればいいのか、管理人なりの見解をお話ししたいと思います。

・・・とその前に、競馬の予想は自分でするのが大前提です。もちろん、実際に勝ってる予想屋に丸乗りするのも一つの方法ですが、それでは予想本来の楽しみが得られませんし、それで勝てるほど競馬は甘くはありません。

なぜならば、競馬で勝っている人達は少なからず「自分の予想スタイル」を確立させていて、あの手この手を使い、失敗と成功を繰り返しながら勝てる予想方法を構築しているからです。

ということで、管理人が実際に手で触れてみて「これは予想に使える!!」と感じた競馬サイトをまずは紹介してみましょう。


管理人おすすめの競馬情報サイト


競馬ブックwebライト(有料)

logo.gif
オススメ度★★★★

ご存知競馬ブックのweb版。調教から厩舎コメント、前走の勝因敗因まで予想の際に重要な「アナログ」情報が豊富に揃っているのが特徴でして、管理人は主に競馬新聞代わりとして使っています。

ただ、馬柱の入った競馬新聞を読むには、さらに追加料金を支払ってダウンロードしなければならないのがネック。また、スマホ対応してるのは、ライトよりもランクが上の競馬ブックwebでないと対応してないのもネックといえばネックですが、個人的にはwebライトで十分すぎるぐらいの情報が得られると感じていますので、PCをメインに馬券予想する方には普通にオススメできるサイトです。(月額1080円 税込) 
競馬ブック



netkeiba.com(無料)

netkeiba_logo.png
オススメ度★★★

いち早く競馬情報をネット配信した競馬サイトの老舗的な存在です。競馬に関する情報やニュースのほとんどがここで賄えると思います。

ただ、情報の濃さからいうとやや物足りなさがあります。余計なコンテンツもちと多いような気も。で、厩舎のコメントが読める、レース映像が見られるということで有料のプレミアムコースというのを使ったことがあるんですが、これが期待外れもいいところ。全レースのコメントが読めなかったり、画像の画質がイマイチだったりと、ちょっとお粗末な部分がありました。

ということで、netkeiba.comを参考にするなら無料登録だけで十分です。有料プランはあまりオススメしません。
netkeiba.com



競馬スピリッツ(有料)

img-logo.png
オススメ度★★★★

競馬に関するコンテンツが非常に豊富で、無料会員でも十分楽しめる内容となっていますが、実際の競馬予想に役立てるならゴールド会員に登録する必要があるように思います。

ただ、有料といっても月額はたったの840円。競馬専門紙を買うよりはずっとずっと安上がりですし、情報量はかなり豊富のなので、価格以上に見合った情報を得られる。

また、スマホにも完全対応していますので、現地や場外からでも情報を簡単に閲覧できる点は魅力でしょう。
競馬スピリッツ



日刊スポーツ極ウマ・プレミアム(有料)

logo_gokuuma.gif
オススメ度★★★★★

この極ウマプレミアムは、日刊スポーツの競馬欄をそのまま凝縮し、さらに各種コンテンツの充実を図った定番中の定番競馬情報サイトです。中身の濃さもさることながら、正直、こちらの方が紙面よりも探したい情報が見つかりやすいですw

また、開催のたびに新聞を買うよりもリーズナブルな価格設定になっているのが魅力。(月額800円 税別) また、新聞と違ってレース前日に出馬表が見られるのはありがたいですね。

そして日刊スポーツといえばコンピ指数の存在を忘れてはいけません。もちろん極ウマプレミアムでも紙面と全く同じコンピ指数が閲覧可能。しかもレース前日に公開されますので、じっくりと腰を据えて予想したい人にはこちらの方がピッタリかもしれません。

もちろんスマホにも完全対応。ここは普通にオススメできます。
極ウマ・プレミアム



デイリー馬三郎(有料)

logo_uma36_02.gif
オススメ度★★★

競馬新聞としての利便性をとことん追求したのがこのデイリー馬三郎でしょう。競馬新聞単体の作り込みはここのサイトが一番なような気がしています。

パドック情報を提供してくれる点はありがたいですが、まあこれは目安程度にしかなりませんし、パドック情報に関しては競馬ブックwebライトの方が充実しています。また、データ量が豊富と謳ってはいますが、他の情報サイトと比較する限りではそれほど相違はありませんでした。

それに使用環境が限られるのはこの時代にはいかがなもんかと。OSはWindowsのみの対応で、対応ブラウザはIE推奨。スマホにも対応してないのはちょっと考えもののような……。

競馬新聞として使うにはこの上なく使いやすいのですが、以上の点からオススメ度は★3つとさせていただきました。
デイリー馬三郎



競馬ラボ(無料)

Unknown.jpeg
オススメ度★★★★

競馬関連のコンテンツの豊富さで言えば、無料サイトの中ではおそらくナンバーワンと思われるのが競馬ラボでしょう。サイト内の情報がすべて無料というのはこの上ない魅力だと思います。

予想自体は各方面の関係者が予想しているので、的中精度云々についてはなんとも申し上げられませんが、「情報を得る」という意味においては大変重宝するサイトだと感じています。
競馬ラボ



KLANプレミアム(有料)


オススメ度★★★★★

情報を提供するというよりも、予想に必要な各種データを閲覧できるサイトがKLANです。無料プランでも十分すぎるほど使えるのですが、データ量、使い勝手で言えばプレミアムプランの方がさらに上となります。(月額1280円 税込)

プまた、レミアムプランでは充実版の馬柱が閲覧できるだけでなく、KLAN式スピード指数、各馬の能力偏差値、穴馬ピックアップが閲覧できるようになりますので、的中率アップすることは間違いなしです。

もちろんスマホにも完全対応していますし、サイトが非常に見やすく操作性が抜群に良いのも特筆すべき点。KLANプレミアムだけで競馬予想は十分事足りてしまうぐらいに感じています。
→KLANプレミアム
※2017年12月でKLANはサービスを終了しました。


管理人厳選のおすすめサイトはここ!!


以上、ざっと7つのサイトを紹介しましたが、これだけは会員登録して損はしないサイトは

・競馬ブック
・KLANプレミアム

の2つになるでしょうか。

また、余裕があれば「極ウマ・プレミアム」もしくは「競馬スピリッツ」あたりを使ってみると面白いかもしれません。

以上はあくまで管理人の個人的見解になりますので、あとは実際に各サイトをご自身の目で見比べることをオススメします(`・ω・´)


※2017年12月でKLANはサービスを終了しました。
管理人プロフィール
ターヒィー (2).jpg

名前:ターヒィー
性別:牡
ブログ:http://jikuumasenka.sblo.jp

ご意見、ご要望等がありましたらこちらからお願いします。
mail-icon-free74.png

<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ブログ内記事検索
 
軸馬専科コンテンツ
最近の記事
競馬リンク
過去ログ
ブログランキング参加中
にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ 


Copyright © 中央競馬無料予想 軸馬専科 All Rights Reserved.

テキスト及び予想、指数の転載転用販売を固く禁じます

プライバシーポリシー

お問い合わせ