こんばんは、軸馬専科管理人のターヒィーです(´・ω・`)

今度の日曜は牝馬クラシック最後の一冠、秋華賞が行われますが、レースのポイントを簡単にまとめてみたいと思います。

・・・とその前に、このレース展望についてですが、新指数に着手している都合上、しばらくの間は毎週1レースのみを取り上げ、本当にざっとまとめるだけになりますことをお断り申し上げます。


さて秋華賞ですが、どちらかといえば平穏な決着が多いレースでしょうか。各前哨戦、特にローズステークス組の好走例が多く、今年もこの組からと考えたくなりますが、そのローズステークスが波乱の決着となったこともあり、今年に関しては難解なレースとなりそうです。

で、人気の方も同様に割れ気味になると思うのですが、中でも古馬相手に圧勝したアエロリットが怖い存在ですね。

斤量差はあったにしても、前半1000mが58秒5と楽なペースで逃げたわけでもなく、後続に影をも踏ませぬ逃走劇は強いの一言でしたし、マイル以上の距離をこなせたのも大きな収穫になったはずです。今回もさらに距離が伸びての一戦となりますが、あの勝ちっぷりならここもこなしてくれるように思います。

また、ファンディーナの取捨も予想の鍵を握るでしょうし、新星のごとく現れたラビットランの決め手も引き続き警戒は必要。当然クラシック組なを戦ってきたリスグラシュー、レーヌミノル、モズカッチャン、ディアドラも能力上位の存在でしょうから、やはり今年は一筋縄では収まるような感じでは・・・(苦笑)

ということで、今日はこの辺で失礼させていただきます。

※レース名称や馬番、馬名等及び払戻し金については念のため主催者発表のものと照合してください。
JRA公式ホームページ
※当ブログの競馬予想は馬券の的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任のもと行ってください。
※当ブログは完全無料でご利用いただけます。軸馬専科を騙り金銭を要求する悪質な予想サイト、予想会社にはくれぐれもご注意ください。