こんばんは、軸馬専科管理人のターヒィーです(´・ω・`)

明日のメインレース予想は関屋記念を取り上げてみたいと思います。


〈新潟11R〉
枠 馬
1 01 ダノンプラチナ   53
1 02 レッドレイヴン   34
2 03 マルターズアポジー 46
2 04 トーセンデューク  33
3 05 ロサギガンティア  40
3 06 メートルダール   58
4 07 ショウナンバッハ  37
4 08 オールザゴー    55
5 09 クラリティスカイ  51
5 10 ダノンリバティ   39
6 11 ヤングマンパワー  59(最上位)
6 12 ブラックムーン   54
7 13 マイネルハニー   50
7 14 ロードクエスト   48
8 15 ウインガニオン   57
8 16 ウキヨノカゼ    45


指数最上位はヤングマンパワーとなりましたが、各馬横一線の混戦模様です(´・ω・`;)


いやはや、本当に思ってた以上の混戦・・・ここまでくると乱戦でしょう。指数最下位のトーセンデュークですら33なわけですから、どの馬も馬券になる可能性はゼロではありません。困ったところです・・・。

まずヤングマンパワーですが、昨年の秋に重賞を連勝し、マイル戦線に新風を吹き込む形になったものの、その後マイルCS、安田記念ではG1の壁に跳ね返されてしまいました。

それでもここならば力は上位と見るべきではないかと。春のマイラーズカップではエアスピネル、イスラボニータとの競合馬と接戦を演じているわけですし、G3ならそう軽くは扱えないように思います。それに昨年の同レースの勝ち馬なのですから、余計にそうでしょう。

そこで気になるのは展開でしょうか。今回はマルターズアポジー、マイネルハニー、ウインガニオンと前に行く強力な先行勢が出揃いましたので、同型との兼ね合いがポイントとなりそうです。

さて、こうなると展開利があるのは、メートルダール、ブラックムーンといった決め脚を持っている馬。ただ、ここら辺は展開ひとつでどうにでも着順が変わってくると思うので、このレースに関しては展開読みが大きなウェイトを占めそうです。

ということで、はっきりとした結論は出せませんので、個人的にはここは無難に「見」するか、もしくは素直にヤングマンパワーの複勝だけを狙ってレースを観戦したいと考えています。

それではまた。

※レース名称や馬番、馬名等及び払戻し金については念のため主催者発表のものと照合してください。
JRA公式ホームページ
※当ブログの競馬予想は馬券の的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任のもと行ってください。
※当ブログは完全無料でご利用いただけます。軸馬専科を騙り金銭を要求する悪質な予想サイト、予想会社にはくれぐれもご注意ください。