こんばんは、軸馬専科管理人のターヒィーです(´・ω・`)

今日は函館2歳Sと中京記念が行われましたが、中京記念を簡単に振り返ってみたいと思います。


・1着 ウインガニオン (指数56)
外のトウショウピストがハナを主張し、今日は番手からの競馬。ただ、トウショウピストがやや離した逃げを打ったので、単騎逃げのような形になる理想の展開に。道中はコースロスなく立ち回り、4角では早め先頭に立ち、直線では最内にコースをとるとそのまま後続の追撃を完封し、終わってみれば2着馬に2 1/2差をつけて圧勝しました。

ペースがそれほど速くならず、この馬にしてみれば絶好の展開となったのが一番の勝因ですが、それを差し引いても実に力強い勝ちっぷりだったと思います。地力強化は明らかです。


・2着 グランシルク (指数53)
中団やや後ろからの競馬。スムースに折り合い、直線は馬場のいいところへ持ち出して進出を開始。その後は一完歩ずつ着実に脚を使ってみせるも、勝ち馬との差は一向に詰まらず2着でゴール。今日は完全に勝ち馬のレースでしたが、実績馬がきちんと結果を残した点は素直に評価できるでしょう。堅実です。


・3着 ブラックムーン (指数58 最上位)
出たなりに最後方からの競馬。4角で前の馬が馬場の四分どころをめがけて進路を取る中、最内を突いて上がり最速の脚を伸ばしましたが、さすがに今日の馬場と展開では前を捕まえることはできず、2着馬にアタマ差迫ったところがゴールでした。本質的には綺麗な良馬場でこその馬なので、どこかでレースが噛み合えば重賞制覇のチャンスはすぐに訪れると思います。


・4着 アスカビレン (指数49)
好位から淡々とレースを進め、直線に向いた頃は十分な手応えを残したまま前を射程圏に入れるも、そこからが思ったほど弾けず、ジリジリと伸びて4着入線。このようにイマイチ伸びを欠いてしまったのは、多分に馬場のせいもあるとは思いますが、男馬相手に健闘したクチではないかと。牝馬限定戦ならば普通に勝ち負けしてくれるでしょう。


・5着 ダノンリバティ (指数45)
今日は後方待機策。道中は脚を溜めるだけ溜めて最後の直線に賭ける競馬をしましたが、4角で大外を回らざるをえない厳しい形となり、直線は自身の脚をしっかり使うも、最後はバテた馬を交わす程度に5着入線。脚の使いどころが難しい馬ですし、今日のレースを見る限りは、マイルはやや忙しい印象があるようにも・・・。能力は高い馬なのですが、適性が掴みづらいというのはもどかしいところですね。


ということで、散々「荒れる荒れる」と睨んでいたこのレースも、終わってみればほぼ人気サイドでの決着となりました。余計なことを考えず、普通に指数通り予想していれば普通に的中していたような気がしないでも・・・(汗) まあ、こればかりは結果論になりますので、気持ちを切り替えて来週のレースに臨みたいものです。

それでは今日はこの辺で失礼します。

※レース名称や馬番、馬名等及び払戻し金については念のため主催者発表のものと照合してください。
JRA公式ホームページ
※当ブログの競馬予想は馬券の的中を保証するものではありません。馬券購入は自己責任のもと行ってください。
※当ブログは完全無料でご利用いただけます。軸馬専科を騙り金銭を要求する悪質な予想サイト、予想会社にはくれぐれもご注意ください。



カテゴリ