こんばんは、軸馬専科管理人のターヒィーです(´・ω・`)

いよいよ競馬シーズンも本格化、今週も秋のG1を占う重賞が3つ行われますが、それぞれのレースを簡単にまとめてみたいと思います。


紫苑ステークス


今年でG3に格上げされて2年目、秋華賞を狙える有力馬が集うようになりましたが、ここはオークス4着馬、前走で古馬と牡馬を一蹴したディアドラに人気が集まりそうな感じですね。

実績からも上位の存在ですし、この馬の決め手は非凡なものがあります。かと言って展開の助けが必要なタイプでもなく、前走のように好位からレースもできる馬なので、指数次第ではありますが、この馬中心のレースになるとみていいのではないでしょうか。

また、立て直されて巻き返しを図るホウオウパフューム、同コース2戦2勝、無敗で重賞に挑むルヴォワールも注目したいところ。波乱傾向の強いレースですが、今年は比較的力関係ははっきりしそうな感じですので、積極的に狙ってみても面白いと思います。


京成杯オータムハンデ


過去10年で1番人気の馬券内が2回だけと波乱傾向の強いレースですが、今年もまた難解な一戦となりそう。

基本的に関屋記念組が強いレースなので、このレースを堂々と逃げ切ったマルターズアポジーが有力候補の一角となりますが、レース展開、ハンデとの兼ね合いもありますので、そう一筋縄で収まる感じはしません。ここは手を出しづらいレースになるんじゅないでしょうか。

ところで京成杯オータムハンデは枠順にちょっとした偏りが見られ、最内枠と7、8枠の成績が振るわない点は必ず押さえておきたいポイント。また、開幕週ではありますが、先行馬よりは内目を器用に立ち回れる差し馬の台頭が多いレースなので、その辺りから人気の盲点となる馬を見つければ予想精度が高まるかもしれません。


セントウルステークス


3つの重賞の内、最も平穏決着が多いのがこのレース。とは言え、ヒモ荒れするケースも珍しくなく、スプリンターズSの前哨戦として位置付けされるレースでもありますし、ここが勝負なのか叩きなのか、臨戦過程にも注意する必要があります。

さて、今年はある程度有力どころは絞られますので、それほど荒れる雰囲気はありませんが、夏場をコンスタントに使われてきた馬が穴を開ける傾向が目立ちます。

また、基本的には前の組に有利なレースにではありますが、阪神コースという特性上、平坦向きな軽いスピード馬は割引が必要。馬格ある馬が好成績を収めているあたり、ある程度のパワーも重視するべきでしょう。


以上、簡単にレースをまとめてみましたが、秋競馬の開幕週なので、このレースに限らず各馬の気配やデキはようチッエクです。同様に、前走を大敗したからといって軽視するのも禁物。陣営の思惑が大きく影響してくる週なので、夏競馬とはまた違った面に着目し、しっかりとした予想を組み立てるようにしましょう。

それでは今日はこの辺で失礼します。